本文へ移動

八幡東区

八幡東区 観光スポット YAHATAHIGASHI

つらなる緑の山々 帆柱自然公園

帆柱山(488m)、皿倉山(622m)、権現山(617m)、花尾山(351m)の4山を含む帆柱連峰一帯は北九州国定公園に指定され、周囲の国有林は自然休養林として開放されています。公園内には遊歩道、展望台、ケーブルカー、国民宿舎、野外ステージ、キャンプ場、帆柱資料館などの諸施設があり、豊かな自然環境と素晴らしい景観が楽しめます。帆柱ケーブルに乗ると7分で山頂駅、ここから皿倉山頂まではスカイライン・リフトで3分です。

白鳥あそぶ森の湖 河内貯水池

八幡東区の大蔵川上流に造られた新日本製鉄八幡製鉄所の工業用水池で、完成は昭和2年。周囲8㎞、貯水量720万立方メートル、えん堤の延長は189mあります。設計に際しては湖岸の一木一石の配置にも心を配ったといわれ、自然と美しい調和をみせています。澄んだ湖面には白鳥が泳ぎ、冬になるとカモなどの渡り鳥も羽を休め、春の桜、夏の緑、秋には紅葉、コスモスと、折々に美しい風情を見せます。

まつり起業祭

明治34(1901)年11月18日の八幡製鉄所の操業開始を祝い、この起業記念日をはさんだ前後3日間に催されてきました。大規模で多彩な催し物と多くの人出を数えながら80年余りの歴史を刻んできましたが、昭和60年からは、企業だけでなく“市民がこぞって参加できる街の祭り”をめざして、市民の手で開催されています。(11月1日~3日)

市立自然史博物館

西日本における唯一の自然史総合博物館です。“北九州のルーツ・地球の歴史をさぐる”をメインテーマに、北九州の生いたちから動植物、鉱物など自然の歴史をわかりやすく展示しています。収集資料は4万点をこえ、とくに化石資料と恐竜のレプリカの豊富なことでは全国的に有名です。TEL.093-661-7308

市立児童文化科学館

子どもたちの夢と創造力を広げる宮殿として全国で初めて設置されました。450人が一度に観覧できる大プラネタリウムや太陽望遠鏡ディスプレイ、クーデ型望遠鏡の他、リニアカーレースや気象衛星「ひまわり」の映像受信など、科学に関する多彩な展示を行っています。TEL.093-671-4566

画家 竹久夢二

独特の美人画でファンの多い画家、竹久夢二は、一時、八幡に住み製鉄所に勤めた事があります。八幡東区の宮川公園内には彼の作詞による「宵待草」の一節を刻んだ文学碑が建てられています。
TOPへ戻る